街の隅っこ、世界の中心。子供の頃に住みたかった町で、一軒家を借りて、気ままに生活を始めました。

坂道の先にある、静かな空間。岩代図書館。

坂道の先にある、静かな空間。岩代図書館。

   

 

 

タブレットで携帯する書籍もいいですが、本の指先で感じる髪の質感や、インクの匂いはとっても心を落ち着かせてくれますよね。今日紹介するのは、そんな本がずらりと並ぶ図書館ですが、最初にお伝えしておくのはこの図書館は本を読みに行くための図書館とは少し違います。もちろん、本を読む、借りるは大歓迎ですが、ちょっと心を休憩させたいときに行って、ソファに腰掛けながらぼぅっと外を眺めたり。ふらりと立ち寄って時間を過ごす。本に囲まれながらの心の休憩。

そんな「ふんわり時間」がとっても似合う図書館なんです。

 

岩代図書館は、小浜地区の中心の坂道のてっぺんにあります。この図書館を「カフェのような図書館」と形容されたお母さんがいました。同じ二本松と言っても広いですが、この図書館目当てで来る方も多く、「岩代といえばここ!」というお母さんはとても多いようです。

 

大きなガラスの窓が続く館内は陽の光が柔らかく差し込み、木材の備品を多用しているので、とても暖かな雰囲気です。庭の木の木漏れ日が差し込む席や正面に安達太良山を見ることができるパノラマの席など、きっとお気に入りの一席が見つかるはずです。(かくいう私もお気に入りのひと席があります。)

 

 

 

静かにしかきゃいけない場所、ではなく、静かさを楽しめる場所

 

そんな雰囲気の館内は、司書さんやスタッフの方が、大事に大事に場づくりをしてくださっています。

木製の机と椅子も大変可愛いく、窓際に等間隔で配置されたソファは一つ一つ、見える景色が違います。

談話室や、映像を楽しめるコーナーもあります。(CD、DVDの貸し出すも行なっています。私この間、ハリーッポッターの映画とテルマエロマエ借りちゃいました。。。。)

お子さん向けの絵本コーナーも充実しており、オープンスペースと和室が子供用に設けられています。

ただ一点だけ問題があるとすれば市の施設にもかかわらず市の無料wi-fiが使えないということあと有料でもいいので、私のようなPC大好き人間のためにコンセントの貸し出しをしてくれたらここでブログ書いたりできるのになぁと。

二本松市さんぜひ岩代図書館にwi-fiを!お願いしますね!笑

 

さりげなく、観葉植物がいたるところに置いてあることも、特徴。本は湿気に弱いので、大きめの観葉植物は置かない図書館が多いのですが、ここではソファの間にいくつかの観葉植物がありしっかり手入れをされています。本の状態を保ちつつ館内の過ごしやすさを作ってくれるスタッフさんに感謝です。

 

 

 

 

そして、選書のセンスも面白い!本は8冊まで借りることができますが、あまりに面白い本が多過ぎて目移りしちゃいます><

工場萌え、世界の猫図鑑、体型で選ぶ春のコーディネートの本など思わず手に取ってしまう本も。

そして、写真では少し伝わりにくいのですが、この図書館は本棚が低くいんです。光を遮らず、室内を暗くしない。圧迫感がないんです。

この柔らかな雰囲気に(悪い意味ではなく!)女性的な図書館だなぁと感じる時があります。

 

 

 

 

 

撮影時は残念ながらオフシーズンでしたが、徒歩2分で市営のプールに行くことがで来ます。

プール、図書館、駄菓子屋は最強のコンボです!

坂道を登るときはちょっと辛いけれど、登り切った瞬間の風とか、顔をあげた時の見晴らしの良さ、プールで遊んで、濡れた髪を拭いたら、一呼吸置いて入った時のインクの匂い。私の夏休みの思い出はほぼこの流れです。

 

 

 

中庭には花壇もあるんです。もちろんここも窓から眺められるのですが、お散歩しても楽しいでしょうね。

 

 

 

 

実は私が、岩代地区の地域おこし協力隊になったのは、この図書館との出会いがあったからなんです。

私が小学生のとき、岩代はまだ岩代町で。この図書館も出来立てでした。

この図書館……と当時の岩代町役場の方のすごいところなのですが、「町民以外にも本を貸し出す」ということを行なっていたんです。市町村が管理している図書館は、市町村在住または通勤をされている方のみを対象として利用登録をしているところが大半です。万が一に本がなくなった時のことなどを考えてそうなっているのか、市民の財産と捉えているからなのかはわかりません。

当時の岩代町では、「これだけ良い図書館を作ったんだから、これだけの本を入れたんだから、いろんな人に使ってもらってなんぼでしょう」という考えのもと、岩代町民以外の利用も可能にしていたとのこと。

私も、岩代町民ではありませんでしたが、母に連れて来てもらったことをきっかけにここが気に入り、夏休みはほぼ毎日自転車でこの図書館を訪れていました。それこそ、坂道を汗を書きながら登って、です。時々、知らない子と友達になったり、図書館のスタッフの方に宿題を教わったり、本を勧めてもらったり。中庭で夏休みの絵を書いていたときは知らないおじさんに描き方を教わったりしました。妹や、実家の近くの友人を連れて来たこともあります。駄菓子屋に寄ったこともあるし、小浜の街中をみんなで探検したこともあります。

私の幼少期の思い出に小浜でのエピソードが多いのは、この図書館があったからです。

そして、この図書館を町外に開放してくれていた当時の岩代町に感謝しています。そうじゃなかったら、あんなに楽しい夏休みは過ごせなかったでしょうし、何よりそれがなかったら私がこうして岩代に住むこともなかったでしょうから。

 

 

 

 

 

岩代図書館

所在地: 〒964-0313 福島県二本松市小浜藤町242
 電話: 0243-55-3255

月曜日定休