街のすみっこ、セカイの中心。

【レポート】SIRo×地域の隠れた職人さんワークショップvol,1

地域の隠れた一芸を持つ住人さんを講師にワークショップを開催する。個人ではイベント開催が難しい人をSIRoがお手伝いする。そんなカフェSIRoの企画のレポートです。

 

第一回目となる今回は、ガラス細工が得意なA先生を講師に、トンボ玉作り。

 

ガラスの棒を熱して、溶かしていきます。溶けたガラスは薬剤の塗ってある鉄の棒に絡ませていきます。当然、ガラスは柔らかくなっているので、垂れないように、鉄の棒を回して形を整えていきます。この時に回す速度が速すぎても遅すぎても丸くなりません。それどころか、いびつになりすぎると垂れて終わりです。

 

右手でガラスを溶かし、左手で鉄の棒を水平に回す。ガラスの様子を見ながら、火に入れたり出したり、回したり。やることいっぱいで大変!

材料はこちら。いろんな色があるのですね。

 

講師のAさんも楽しんでくれて、参加者の皆さんは思い思いの作品を作っていました。カフェSIRoでは今後もこういったワークショップを開催していく予定です。

<<コミュニティカフェSIRoについてはこちら>>

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

PAGE TOP