attention

ご依頼までの流れ

ゆきしろ屋にご依頼の際は、『何を制作したいか』と『現状』をご記入の上、メールフォームよりご連絡ください。



必要なもの

  1. ご依頼内容(チラシ・冊子・新規サイト制作・その他を明記)※必須
  2. イメージのデザイン(参考サイトがあれば添付してください)※必須
  3. スケジュール(希望納品日)※必須
  4. ご予算※必須、検討がつかない場合でもご希望額をご記入ください。
  5. 連絡を取るためのメールアドレス※必須
  6. 制作についてご不安な点や現在お困りの点 ※現状を記載してください
  7. サーバ・ドメイン ※所持なし、不明な場合は空欄(webサイトのみ)
  8. およそのページ数※未定の場合は空欄(webサイトのみ)

足りないもの、未定なもの、わからないものはそのまま正直にお書きください。制作をするにあたり、この1〜7の項目は徐々に埋めていくことになります。最初から全て埋まる方もいれば、一緒に相談して2のイメージや4のご予算を決める方もいます。まずはお問い合わせください。その際のテンプレートとして上記を記載しています。

ゆきしろ屋に依頼した後

❶ヒアリングを行い、それを元にwebは契約書
 そのほかの制作物はは工程表・確認メールを添付

ご依頼内容を元にヒアリングを行い、決定事項とプランを提示いたします。
ヒアリングは直接お会いするか、オンラン(メッセンジャー/ライン/スカイプ)で行います。

❷ 使う素材をまとめる

①の工程で、お客様に揃えていただく素材やものが決まります。お客様に揃えていただく素材データが揃わない場合、著しく制作に遅れが出る可能性がございます、ご注意ください。全てゆきしろ屋で準備することも可能ですので、ご希望の際はご相談ください。
サイトやチラシで使用したい素材をフォルダにまとめてください。その際に、データ名に説明を入れるようにしていただくとスムーズです。(001.jpgでは何の画像か不明です。家の前の桜.jpgのように、名前に説明を入れる。)
▷ 画像:AI、EPS、PNG、PDF、JPEG形式
▷ 文章:パソコンでコピーできる状態にしてください。印刷物をスキャンした状態や紙の状態は誤字脱字につながる可能性もございますので、ご使用をお控えください。
▷ 使用するデータには著作権がないか確認をお願いいたします。

❸デザイン案提示・制作と校正を繰り返す。

ここから、制作と確認作業を繰り返します。
提示するデザイン案は、①の工程で決定いたします。目安は、webは3点、チラシは2点です。

❹校了フォームの記入、お支払い

印刷物の場合は、校了フォームというメールフォームを添付いたしますので、それにご記入をいただいてから印刷所へ入稿・またはデータの引渡しとなります。
印刷物は納品完了後にご入金をいただきます。(前金ありの場合は残りの金額をお支払いください)
web制作代行の場合は、校了フォームにご記入をいただくと制作終了となります。請求書を発行いたしますので、ご入金確認後に、パスワードの納品(ご希望の方は更新方法のレクチャー)となります。

ご注意

  • 原稿作成やチェック作業など、お客さまにもかなりの工数が発生します。制作期間としては平均的に1サイト1〜3ヶ月、冊子に1ヶ月以上かかりますので、事前にスケジュールの確保をお願いいたします。
  • 写真(撮影)、原稿執筆、ブログ記事・商品データのアップ作業など、お客様の方で対応可能なものにつきましては、原則こちらの工数から省きます。もし素材がなく写真撮影・原稿執筆を必要とする場合はご相談下さい。
  • チラシやパンフレットの業務は「制作代行作業ではありません」。目的やご予算、やるべきことが明確でないご依頼はお断りする可能性があります。

よくある質問

Q.チラシデータの制作を依頼しましたがメールが得意ではありません。USBやSDを準備するので直接お会いしてお渡しいただきたいです。

原則、メールでの引き渡しを行なっておりますが、可能です。ただし、遠方の方の場合は郵送となります。こちらでUSBやSDを準備いたしますので別途料金が発生いたします。近隣の方の場合は、ゆきしろ屋まで取りに来ていただくことが条件となります。なお、待ち合わせに伴う日程調節は制作日数に含みません。(制作2日の予定のところ、お客様とのご都合が合わない場合追加で数日かかる可能性がありますので納期まで余裕を持ってご注文ください。)

Q.ゆきしろ屋にチラシの制作を依頼しました。それとは別に、他のデザイン会社さんに依頼をして冊子を作ろうと思っています。チラシで使われているイラストや地図を他の印刷物などに利用しても良いでしょうか?

不可です。あくまで制作後も、デザイン物の権利はゆきしろ屋にあります。契約書等で権利譲渡を交わしていない場合は勝手に使用することはできません。制作完了後に権利譲渡の契約を行うことも可能ですので、ご相談ください。

PAGE TOP